あなたが支える地域農業/准組合向け資材 全戸に配布

2018.07.02
JA広島中央が作成した准組合員向け資材

JA広島中央は、JAの意義や自己改革についての理解を促進するため、准組合員向けの資材を作り全戸に配布しています。食と農の応援団としての准組合員の役割や、JAが取り組む活動を分かりやすく説明し、協同活動への参加・参画を呼び掛けています。

 

「あなたは『食』と『農』の応援団」と題した、見開き4㌻の資料。准組合員の事業利用で地域の農業が支えられている仕組みを、イラストや図を交えて説明しています。他にも、地域貢献も取り組むふれあい委員会や女性部、青年部を紹介。料理教室、体操教室、食農出張授業、イベントといった、准組合員や地域住民が気軽に参加できる協同活動をまとめて掲載しています。

JAは4月から、月に1度の組合員訪問で資材を配って内容を説明してきました。ただ、組合員に占める准組合員の割合は45.3%(3月末)と、都市部の地域を中心に准組合員が増えているため、職員の訪問ではカバーしきれないのが現状です。全組合員調査を前に改革の内容を周知しようと、5月下旬に9200世帯に郵送しました。

JA自己改革推進本部の岡本昌代室長は「准組合員は地域を支える大切なパートナー。役職員が一丸となって自己改革に取り組み、成果を出していきたい」と意気込みます。