集落の全のり面に地被植物/福田地区中山間地域振興組合

2018.06.19

大和町の福田地区中山間地域振興組合は、集落の全のり面をセンチピードグラスで被覆する活動を、6月の吹き付け作業で完成させました。畦畔の外にも水路や道路などにも被覆。2011年から始め、吹き付けた面積は8年間で23万平方㍍になります。環境の保全とともに、草刈り作業の軽減などで持続可能な農業の実現に集落で取り組みます。

センチピードグラスは、高齢化で課題となっていたのり面管理の対策として導入し、吹き付け機を購入。除草剤散布や吹き付けなどを共同作業で計画的に進めました。グラウンドカバープランツ(地被植物)で雑草の繁殖を抑えることで、傾斜の大きい法面の作業の安全性と労力の軽減を図りました。

道路に面したのり面は行政の許可を得て被覆。県道や市道、農道やため池など集落全てを網羅したことで、農業生産の改善だけでなく、住民が暮らしやすい環境が整いました。

同組合は2000年、中山間地域等直接支払制度の活用を目的に発足しました。農家以外も含む全戸で構成し、現在は62戸で、水稲面積は65㌶。交付金は個人分配せず、機械導入や資材代、作業労賃などの共同活動費として使っています。

当初は、マニアスプレッダーを導入して水田に堆肥を散布し、土壌を改良しました。2007年からは鳥獣害対策に着手。集落の山際約12㌔をワイヤーメッシュで囲いました。

2017年からは、農地を電気柵で囲う作業を進めています。畦畔がセンチピードで被覆されているため、雑草が電線に触れて漏電する心配もないといいます。

組合長の吉森峻二さん(83)は「住民の理解を得たことで集落がまとまり、活動が維持されている。今後も集落の実情に沿って展開していくことで、集落の環境を守っていきたい」と話します。

急傾斜にセンチピードグラスを吹き付ける福田地区の住民
畦畔にセンチピードグラスを吹き付ける福田地区の住民