水稲担い手育成へ初心者講座/基本から丁寧に伝授

2018.04.17

JA広島中央は、新規就農者や担い手の育成、営農支援の一環として、今年度から新たに、水稲の栽培初心者を対象にした講座を開講しました。JAはこれまで、水稲のベテラン向け講習は行ってきましたが、初心者向けは行っていませんでした。

米作りについて家族内で作業指示はあるものの、作業の意味やポイントを理解していな後継者も多く、次世代に米作りの技術を伝承し、手厚く支援することで後継者対策や事業承継につなげ、地域農業の振興を図ります。

講座は4月に開講し、12月まで毎月1回開きます。受講料は無料。米作りには携わってきたけど、自分が主体となって栽培していない人や、将来的に農地を継承したい人、集落営農法人に雇用された人ら20人が参加。JA営農指導員が講師となり、各作業の意味やポイントなど、基礎知識を分かりやすく伝えます。

田植え、追肥、防除、収穫など、作業時期に合わせた内容を講義し、技術や機械の使い方の他、鳥獣害対策についても伝えていきます。

 4月5日に開いた1回目の講座では、育苗と代かきについて講義し、トラクターの使い方についても説明しました。

JA営農指導課の佐々木正文指導員は「後継者不足で悩む組合員の一助となればうれしい」と話しています。

育苗について説明するJA営農指導員
トラクターの使い方について説明するJA職員