唐揚「コメカラ」地域に浸透/JA「米粉」を増産

2018.02.13

東広島商工会議所の分科会「西條お酒とお米の会議所」が開発した唐揚げ「コメカラ」が地元で定着し、材料の「コメカラの米粉」を製造するJA広島中央が増産体制を取っています。JAは同会議所と連携してフードイベントに参加する他、料理教室を開くなど一層の普及を進めています。

「コメカラ」は、東広島市で特産の西條酒と米粉で作る唐揚。食による町づくりを目的に2011年に開発しました。

JAは2014年に専用粉の「コメカラの米粉」を商品化。同市で生産するヒノヒカリを100%使い、通常の米粉に比べて粒子が約3倍大きく、カリッとした食感に仕上がるのが特徴です。

普及活動を続けることで、コメカラを使ったメニューを提供する同市の飲食店は3年間で10店舗増え、現在35店舗あります。JAは供給する米粉も増産。2016年度は初年度の2014年度に比べて4倍の6㌧を製造しました。

家庭での普及を図ろうと2月3日、同市西条町で「コメカラ料理教室」を開きました。小学4~6年生と保護者合わせて20人が参加。同会議所のメンバーが指導し、西條酒の入ったたれに鶏肉を漬け込み、コメカラの米粉をまぶして2度揚げしました。

竹下周作会長は「飲食店での普及は他、作り方も広めることで、家庭での普及も図りたい」と意気込みます。

料理教室でコメカラ作りを体験する児童ら
出来上がったコメカラを盛り付ける児童