エゴマ出荷順調/東広島市福富町

2017.11.21
脱粒したエゴマをとうみで選別する佐々木会長

東広島市福富町で、福富エゴマ会が栽培するエゴマの出荷が順調に進んでいます。今年は天候不順と鳥害の影響で、例年に比べて出荷量が少ないです。エゴマは、えごま油やドレッシング、みそなどに加工して販売します。

 

エゴマは同町が2002年から転作作物として産地化に取り組んだ作物。当初は50㌃だったが面積を拡大。高齢化が進む中、徐々に新規生産者も加わり、現在は57人が11㌶で栽培する県内一の産地となりました。2016年の出荷量は2.8㌧です。

会員が出荷したエゴマは、町内の「福富物産しゃくなげ館」と道の駅「湖畔の里」福富内の加工施設で搾油や、いりえごま、粉に加工して販売する他、町内の加工グループがみそや豆腐、餅などの加工品に製造しています。えごま油は、広島市にあるJA全農ひろしまの「とれたて元気市」や「ひろしま夢プラザ」でも販売しています。

同会会長の佐々木新悟さん(70)は、35㌃を作付け。10月下旬から11月上旬に刈り取りして乾燥させ、脱粒してとうみで選別した物を、さらにふるいに掛けて出荷します。 

佐々木さんは「若い世代の会員を増やし、後継者を育てることで、産地を活性化させたい」と話しています。