シニア向け野菜栽培講座

2022.06.08

 JA広島中央は、シニア向けの野菜栽培講座を始めました。産直市への出荷を目標に、月1回の講義を通して栽培技術や生産意欲を高めます。時間に余裕のある世代を対象に、農業を通じた

講義を受ける参加者たち

人生の楽しみ方を提案・支援することで、健康寿命を延ばし、生きがいのある老齢期を過ごしてもらう考えです。

 定年退職後で野菜の出荷を希望する人を募集し、18人が集まりました。5月に開講し、来年4月まで全12回の講義で季節に合った野菜の栽培方法などを説明し、JA産直市や道の駅への出荷を目指します。

 JAは九つある全グリーンセンターで、家庭菜園者向けの園芸講座を開き、野菜作りの魅力を伝えています。シニア限定の講座は初めて。初講座では、出荷先や出荷のポイント、消費者ニーズ、売り方の工夫などを講義しました。参加者は「農業を始めて5年になるが、最近は人にあげても余るぐらいの量や自分でも納得のいく品質の野菜が作れるようになった。小規模農家でも出荷できるなら、挑戦したいと思って参加した」と話します。