女性を対象に農機使用講習

2022.03.28

 JA広島中央と東広島市農業委員会は、同市のJA全農ひろしまのJA西日本営農技術センターで、女性を対象にした農機具等安全取扱講習会を開きました。地元住民や委員会の

実際に草刈機を操作する参加者

女性会員ら22人が参加。農作業事故の概要を交え、操作しながら農機の安全な使用方法を学びました。
 全農ひろしまの担当者が、農作業事故の発生状況や事故発生原因を説明。未然に事故を防ぐチェック方法などを講義しました。
 圃場では、農機メーカーの担当者が女性でも扱いやすく、操作しやすい刈り払い機と管理機を操作しながら、起こりやすい事故を説明。参加者は、自己点検方法や作業時の注意点などを確認し、活発に質問しました。参加した同市在住の女性は「自分でできるようになろうと思い参加した。実際に操作しながら一から学ぶことができ、ありがたい」と話しました。
 同委員会の杉本源藏会長は「農業でも女性が活躍する時代。知識を身に付け、怪我無く安全に作業に励んでほしい」と話しました。