管理徹底し収穫/ 大和町ハトムギ生産振興組合

2021.10.19

 三原市の大和町ハトムギ生産振興組合はハトムギの収穫を始めました。8月上旬の長雨や、9月の日照り続きで雑草が多く、葉枯病などの影響を受けたものの、丁寧な栽培管理で

コンバインでハトムギを収穫する生産者

20~22㌧の収穫を目指します。
 2021年度は新たに1法人が加わり、21戸が、前年比6㌶増の約20㌶で作付け。収穫したハトムギは、JA広島中央が全量を買い取り、茶などに加工して販売します。
 大和町とJAは1981年から転作作物としてハトムギの産地化に取り組んでおり、2001年に約30㌶まで増えました。雑草対策が難しく、高齢化などで生産が減ったものの、健康ブームで国産需要の高まりを受け、JAは2019年にハトムギを地域特産物に設定。新規就農者や法人などに栽培を呼び掛け、生産拡大に取り組みます。
 品種は香りが高く、比較的収量が安定している「あきしずく」。2020年産からは、乾燥もJAが担うことで、コストを約半分に抑えます。乾燥したハトムギは、ティーバッグやペットボトルのブレンド茶「はとむぎ茶茶茶」などに加工して販売します。
 時末辰夫さんは、前年度比10㌃増の30㌃で作付けする。水の管理、追肥、防除などの適期管理を徹底したことで、面積当たりの収穫量は、ほぼ例年通りを見込みます。
 西川正和組合長は「天候の影響は受けたものの、無事に収穫を迎えられた。来年は雑草対策を強化し、収量増を目指したい」と話します。