サトイモの花が開花

2019.09.10
光田さんの畑で開花したサトイモ花

東広島市の光田トキミさんの畑で、サトイモの花が咲きました。光田さんは20株を栽培し、うち1株から、長さ20㌢ほどの黄色い筒状の花が次々に咲いています。別の1株にも、つぼみがついています。

光田さんは「30年ほど栽培しているが、花が咲いたのは初めて」と驚きます。サトイモは、原産地が東南アジアとされ、熱帯の植物という。JA広島中央の職員は「マルチ栽培で保温されたことや、猛暑が影響したのではないか」とみています。