ナスつくだ煮作り/JA広島中央女性部

2019.09.09
ナスのつくだ煮を作る女性部員

JA女性部はナスのつくだ煮作りに挑戦しました。8月22日には営農部会が、29日には生活部会が東広島市で調理しました。
営農部会は高藤かなえ部会長が、生活部会では藤井悦子部会長が作り方を指導。部員は、調味料を沸騰させた鍋にナスを入れ、汁気がなくなるまで煮詰め、塩昆布などを入れて仕上げました。
藤井部会長は「つくだ煮は簡単に作れるし、日持ちがする。地域の旬を使った料理を広めていくことで、地産地消につなげていきたい」と話しました。