中学生が職場体験/河内グリーンセンターで受け入れ

2019.08.28
ナスの袋詰め作業をする生徒

JA広島中央河内グリーンセンターは8月19日から23日までの5日間、東広島市立河内中学校2年生2人の職場体験学習を受け入れました。JA河内グリーンセンターでの受け入れは初めて。

農家では、ナスの袋詰めを体験。JA営農指導員から入れ方などを教わり、丁寧に袋に詰めました。JA営農アドバイザーの巡回指導や、農事組合法人ファームおだの圃場で行われた自走式草刈機の実証も見学。河内グリーンセンターでは荷出し、お金の集計なども体験し、JAや地元農家の取り組みを学びました。

櫻本健仁くんは「農産物の出荷や販売に興味があり、JAでの学習を希望した。学んだ事を家の農業や勉強に生かしたい」と話しました。

藤井優一センター長は「将来、職業を選ぶときに、この体験が少しでも役に立ったら嬉しい」と述べました。