特産スイカ好評/JA広島中央黒瀬支店祭り

2019.08.16
特産スイカがずらりと並びました

JA広島中央黒瀬支店ふれあい委員会は8月3日、産直市「となりの農家」黒瀬店でスイカ祭りを開きました。地元で生産する「黒瀬スイカ」を試食販売した他、特産を品ぞろえして多くの来場者でにぎわいました。

 

スイカを試食した人からは「糖度が高く、みずみずしい」と好評でした。黒瀬町でバナナを栽培する勝梅園が、キッチンカーでソフトクリームなども販売しました。

産直市出荷者でつくる友の会黒瀬支部は、戦時中から戦後にかけて特産だった「黒瀬スイカ」を復活させようと、8年前から栽培。今年は「紅こだま」「虎太郎」「味キララ」の3品種を生産しました。

黒川靖博支店長は「管内産のおいしさを多くの人に知ってもたい、農業やJAのファンづくりにもつなげたい」と意気込みます。