園児らが植えたジャガイモ収穫/JA向陽支店ふれあい委員会

2019.06.25
ジャガイモを収穫する園児

JA広島中央向陽支店ふれあい委員会は6月21日、東広島市の「なかよし農園」に三永太陽保育園の園児約70人を招き、ジャガイモの収穫体験をしました。園児は、ふれあい委員やJA職員、同園で職場体験をしている同市立向陽中学校の生徒の助けを借りながら、ジャガイモ「デジマ」を収穫しました。 

 

体験を通じて農業や食の大切さを教えたいという園長の声に、同委員会が協力。3月に園児が定植した。畑を提供するふれあい委員の竹信孝一さんは「土に触れ、収穫する喜びを感じてもらいたい」と話しました。