JA広島中央農青連/JA芸南農青連企画の農体験に協力

2018.11.27

 JA芸南青壮年連盟が11月23日、安芸津町で開いた、農業の日帰り体験企画「グリーンツーリズム」に、JA広島中央青壮年連盟の部員4人が参加しました。JA農青連単組主催は初めてで、特産ジャガイモ「マル赤馬鈴薯(はれいしょ)」の収穫などを通して、農業や農村への理解を深めました。
 農業に興味のある人や就農を考えている人ら21人が参加した。部員の池岡賢一さんのジャガイモ畑で作業し、約1㌧を収穫。掘り取り機で耕し、手作業で4規格に分けてコンテナに入れました。取れたてのジャガイモを使った酢の物やコロッケ、カレーを味わいました。
 参加した日浦陽介さんは「地域の農産物の作業を体験し、農家とも交流できたことで、就農への興味が強くなった」と話しました。
食と農、環境に触れ、農業への関心を深めるとともに、就農へのきっかけづくりにつなげようと企画。これまで長年、県域の県農協青壮年連盟で取り組んできましたが、地域特産の旬に触れてもらおうと独自で開きました。
 JA広島中央、JA広島市、JA広島北部の部員ら10人も参加して協力。懇談会では、参加者と農業の魅力や苦労について話し交流を深めました。
JA芸南青壮年連盟の甲斐直樹委員長は「農業の楽しさと苦労を知ってもらうことで農業者の仲間を増やしたい。特産品のPRにもなればうれしい」と意気込みます。

農青連の部員に教わりながらギャガイモを収穫する参加者(

参加者した皆さん