フラワーボールペン作り楽しむ/すみれの会

2018.08.15

JA広島中央ふれあい助けあい組織「すみれの会」は8月1日、東広島市でフラワーボールペンを作りを楽しみました。会員19人が参加。『家の光5月号』で紹介された押し花入りフラワーボールペンキットを使い、JA職員が作り方を教えました。トレーシングペーパーに押し花を自由に並べて透明なシールを貼った後、ペンのカバーの中にトレーシングペーパーを入れて完成させました。他にも、チラシと牛乳パックを使ったエコで手軽な花びん作りにも挑戦しました。
会員の松井玲子さんは「押し花の配置を考えて作ったので、とてもかわいいボールペンができた。家にあるチラシと牛乳パックでできる花びんも子どもと一緒にやってみたい」と話しました。

押し花でフラワーボールペンの模様を作る会員