けん玉で交流/JA広島中央八本松支店ふれあい委員会

2018.07.05
けん玉を学ぶ参加者

JA広島中央八本松支店ふれあい委員会は、川上地域センターで親子けん玉教室を開きました。今年で5回目を迎えた教室には、管内の小学生親子70人が参加しました。

 

参加者は4人のけん玉名人から、けん玉の持ち方やこつを学び、基本技から「日本一周」「世界一周」などの大技に挑戦。児童らは「難しかったけど、練習したらできるようになったのでうれしかった」と笑顔で話しました。

八本松支店の藤井支店長は「いつもたくさんの応募を頂いているため、昨年より募集人数を大幅に増やした。人気のある行事なので、これからも続けていきたい。」と話しました。